イソフラボンってなに!?

皆さんは、新聞や雑誌、テレビ、はたまたスーパーマーケットなどで、「大豆イソフラボン」

という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、「人気なんだな」

「きっと身体にいいんだろうな」

ということを大まかにイメージしたとしても、実際にそれがどのようなもので、具体的には一体どのような効果がある、ということをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこで、今回は、イソフラボンというのがどのようなものなのかということをお話ししたいと思います。

皆さんは、女性ホルモンである「エストロゲン」

をご存知でしょうか。

大豆イソフラボンというのは、この女性ホルモンのエストロゲンと、似た働きをすることが化学的研究によって分かっています。

どのような働きかといいますと、抗酸化物質といって、活性酸素の働きを抑えてくれるのです。

活性酸素は、私たちの病気や疾患、お肌トラブルなどの根本的な原因となるものです。

イソフラボンを取ると、この原因を抑えてくれるのです。

イソフラボンは、元々は、大豆の胚軸という、その後生長すると芽になっていくような部分に多く含まれているものです。

大豆が生長するところに多く含まれているものですから、人間の身体にとっても良い影響を与えるであろうことが容易にうかがえます。

活性酸素は、細胞にダメージを与え、身体をむしばむ元凶といっても過言ではありません。

このような、悪影響を与える活性酸素が身体の中にいては、美しくなるというどころか、健康にもよくありません。

そして、この活性酸素は年を重ねるにつれて増え、積み重なっていくと言われているのです。

ですから、健康になるため、美しくなるというためには、活性酸素を排除するものを、外部から取り入れないといけないのです。

そこでわたしが声を大にしておすすめしたいのが、イソフラボンなのです。

リンク先のサイトですが、イソフラボンについて説明がされているサイトとなります。

イソフラボンについて知ろう

イソフラボンの基礎知識や効果・効能の掲載のほか、おすすめのサプリメントの紹介もされているようです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。